テア・マキパーさんの作品
日立駅前から新都市広場に向かうと止まっている謎の日立電鉄バス。
その正体が次第に明らかになってきました。
茨城県北芸術祭に出展されるフィンランドのアーティスト「テア・マキパー」さんの作品のようです。

テア・マキパーさんは、1973年フィンランド生まれ、フィンランド・ドイツ在住。
人間と環境の関係性を問う創作活動を世界各地で行っている。大規模なインスタレーションを、水辺や大地など主に屋外で展開。県北芸術祭では、県北地域の社会環境についてのリサーチに基づき、電鉄のバスを使った大規模な屋外プロジェクトを行います。

残念ながらバスのナンバープレートは外されていましたが、車内にはエアコンなど大規模な改造工事が始まっていました。