ピーター・フェルメーシュの作品
高萩市と北茨城市の境に接するラジコンポート。ここで展開される県北芸術祭の作品は、本当にユニークです。
模型飛行機を飛ばすために整地された広い空間、その向こう側に広まる山と杉の林。そんな不思議な空間に、一直線に伸びる緑の帯!
広場の真ん中から見ると、ものすごい存在感あります。ただ、写真で撮るとほとんどその感激が伝わらない。人の感性に直接触れる作品なのかもしれません。
ピーター・フェルメーシュの作品の前での記念撮影
キャンバスを超えて周囲の空間に広がるような作品を作ってきたピーター・フェルメーシュさん。この作品は野原の中にまるで一本の線が引かれたように見える作品です。周囲の木々と山々、空と空気、そして作品が一体となった、壮大な風景をお楽しみください。

この作品を手がけたピーター・フェルメーシュさんや現場で施工に携わったの方々とお話を伺うことができました。
40数メートルある作品で、高さの誤差はわずか+-2センチだそうです。作家の感性と日本の職人さんの技術のなせる技です。

C-09 P107 ピーター・フェルメーシュ
ラジコンポート:北茨城市中郷石岡付近、高萩市横川付近