レセプションの参加アーティスト
「茨城県北芸術祭」の開幕を9月17日に控え、レセプションと前夜祭が16日、日立市内で開かれました。
レセプションには橋本昌知事や総合ディレクターを務める南條史生さん、参加アーティストなど関係者約450人が出席し、県北6市町の海と山を舞台に繰り広げられるアートイベントの成功を誓いあいました。
前夜祭では日立シビックセンターの外壁を活用した映像作品が披露されました。

レセプションは市内のホテル天地閣で開かれ、橋本知事は「県北地域にはいいものがたくさんある。みんなで自慢しながら盛り上げて、芸術祭が大成功となるようにやっていきたい」とあいさつ。
南條さんは「海と山の各会場に家族で出掛け、『家族で楽しむ芸術祭』となることが大切だ。今回限りでなく続けることが重要」と話しました。会場ではアーティスト同士が交流を深める姿が見られました。

前夜祭は、日立シビックセンター新都市広場に会場を移して開催。出展アーティストのラファエル・ローゼンダールさん(オランダ出身、米国在住)が、新作アニメーション作品「from here to there」を同センターの外壁に映し出しました。
参加アーティストのフォトセッション
参加アーティストのフォトセッション


橋本昌知事の挨拶
9月17日から始まる茨城県北芸術祭のレセプションが行われました。
現代アートの第一線のアーチストが大集合。和気藹々、熱気あふれる会合となりました。
主催者を代表して、橋本昌県知事の挨拶です。


南條史生総合ディレクターの挨拶