茨城県北芸術祭を巡る旅 vol 6 静寂の痕跡
県北芸術祭の約100点ある作品の中から、今回は石田尚志さんが作成した「旧展示室」を紹介します。
旧常陸太田市自然休養村管理センター内の密室で制作される石田作品。室内のコンクリート壁にチョークや水を使って絵を描き、その様子をカメラで撮影。壁面に痕跡が残るなか、光と闇を意識したアニメーションが映写されます。空間全体を作品としたインスタレーションは、どこかの瞑想的な雰囲気で鑑賞者を魅了します。

D-05 石田尚志(旧展示室)
旧常陸太田市自然休養村管理センター:常陸太田市増井町1974