ニッポン手仕事図鑑 × 紙のさと(常陸大宮市西ノ内和紙)
350年の歴史を持ち、江戸時代には水戸藩の専売品として広く愛好された西ノ内紙は、あの水戸黄門、徳川光圀が命名し、光圀自身が編纂した『大日本史』にも使われました。
4代目の菊池大輔さんは現在も、紙の原材料として日本最高級とも言われる那須楮(こうぞ)の栽培から紙製品に仕立て上げるまでを、すべて手作業で行う。水に強く、まるで布のような紙でつくられたクッションカバーや暖簾、財布、名刺入れは、多くのファンに愛される人気商品になっています。
紙のさと:常陸大宮市舟生90
折り紙ミューテーション
旧常陸太田市自然休養村管理センターで展示されている、BCL・福原志保さんの「折り紙ミューテーション」。
天井から、折り鶴がたくさん吊り下げられている可愛いオブジェです。
県北地域の伝統的な和紙である西の内紙をもとにバイオアートの最先端技術を使って、全く新しい発想をもとに作られたものです。
西の内紙は、江戸時代には水戸藩の専売品だったもので、水にも強く丈夫で、大変重宝されたものです。
この西ノ内紙に、バイオアートの要素が組み込まれています。
350年にわたる和紙の歴史と伝統が、BCLのバイオアートと出会って実現した最先端のアート作品です。
同じ和紙に書かれた福原さんの説明文をご一読ください。
折り紙ミューテーションの説明
D-09 P132 BCL(折り紙ミューテーション)
旧自然休養村管理センター:常陸太田市増井町1794