茨城県北芸術祭を巡る旅 vol.15 陰陽の森
今回はザドック・ベン=デイヴィッド氏が作成した「ブラックフィールド」を紹介します。
小さく繊細な金属製の植物が役2.6万個、旧体育館の床の上に設置されます。入り口から入ると、そこには黒い無数の植物のシルエットが静謐に佇んでいます。でも実はこの作品、空間の反対側に回り込むと、植物たちはカラフルな色をまとって現れます。一面だけでは真実の姿は見ることができない。先入観を覆す、驚きに満ちた世界を体験することができます。

E-16 ザドック・ベン=デイヴィッド(ブラックフィールド)
旧家和楽青少年の家:常陸大宮市家和楽161