茨城県北芸術祭を巡る旅 vol.18 静寂の中の草
北茨城市五浦の六角堂に須田悦弘氏が作成した「雑草」を紹介します。
岡倉天心が瞑想のための空間として設えた、六角堂。茶室になっている中を覗くと、なんと雑草が生えています。実はこれは須田悦弘氏の制作した木の彫刻なのです。声高に存在を主張するのではなく、気づくとそこにひっそりとたたずんでいるこの作品は、床の間に置かれた一輪の花の彫刻と共に、自然や生活と調和する美を体現しているようです。
※別途入場料が必要です。

C-03 須田悦弘(雑草)
六角堂(茨城大学五浦美術文化研究所):北茨城市大津町五浦727-2