イメージ
県北芸術祭の出品作家・松本美枝子さんがレポートしたネクスコ東日本の公式サイト「未知の細道」の最新号がアップされました。テーマは、常陸太田市鯨ヶ丘商店街と県北芸術祭について。
松本さんは、その感想を「鯨ヶ丘には、半年前、自分も展示候補地として一度調査に行っていて、すごく素敵な街だな、と思ったのを覚えています。実際、芸術祭が始まってから再び訪れると、参加作家それぞれのプロジェクトと町が、全部うまい具合にほんわかまとまっているのが、とてもよくて、この奇跡的なまとまり、美しさ、賑わいは、多分ここの地形が非常に特徴のある台地だということが、すごく大きいのでは……と思いました。ぜひ行って確かめていただきたい町の一つです」と綴っています。

現在開催中の「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」は、茨城県北地域の6市町を舞台に、アートと科学・技術の実験を通して、新たな創造の息吹を吹き込む国際芸術祭だ。今回は開催エリアの一つ、常陸太田市・鯨ヶ丘商店街エリアに注目。戦国時代に活躍した佐竹氏ゆかりの町が、現代アート一色に染まっていく様子をレポートする。
文= 松本美枝子
写真= 松本美枝子
未知の細道 No.78 |10 Ncvember 2016
http://www.driveplaza.com/trip/michinohosomichi/ver78/
常陸佐竹市の市民の皆さん
「常陸佐竹市の歌」は、来る11/12(土)に行われる「常陸佐竹市祭」で若宮八幡宮という神社に奉納されるのだという。この祭りでは、常陸佐竹市の市民活動とその歴史を祈願し、梅津会館から若宮八幡宮までを神輿でパレード、そのあと歌やパフォーマンス、制作物など、常陸佐竹市民それぞれが得意なものを奉納する、ということだ。
歌を作り終わった後、祭りのための軽い打ち合わせをして、この日が第5回目となる「市民会議」はお開きとなった。
この祭、一体どんなものになるのか想像もつかないが、なんだか面白いことになりそうだ。ぜひ鯨ヶ丘商店街エリアに行って、深澤仮市長と「市民」たちによる、この小さなお祭りを体験してほしいと思う。
そして茨城県北芸術祭の最終日である11月20日には、いよいよ「常陸佐竹市長候補者の立会演説及び市長選」を行うのだという。もしかしたらその日「常陸佐竹市」では、深澤さんではない新たな「常陸佐竹市長」が誕生しているのかもしれないのだ。茨城県北芸術祭が終わった後、この「常陸佐竹市」と鯨ヶ丘商店街がどうなっていくのか……、とても楽しみである。
さて「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」は11月20日まで開催している。常陸太田市の鯨ヶ丘商店街エリアでは深澤さん、原さん、北澤さんの作品以外にも、2組のアーティストの作品が展開されている。さらに鯨ヶ丘以外の常陸太田市内を含む茨城県北部の6市町で、85組の国内外のアーティストによる作品が展開されている。この芸術祭は開催規模が世界最大級の広さであることもひときわ注目されており、茨城の豊かな海から、これから紅葉が深まる山までを背景にして、現代アートを楽しむことができるのだ。この秋、ぜひ常陸太田市、そして「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」に出かけてみてはいかがだろうか。