茨城県北芸術祭を巡る旅 vol.22 茨城の発明場
常陸大宮市の旧美和中学校にイザベル・デジュー氏が作成した、「茨城インベントリウム」を紹介します。
科学者からアーティストに転身したデジューは、県北地域の植物、特に雑草に強い関心を抱き、2度の来日時にもそれらの収集やリサーチ、ワークショップを行ってきました。
県北芸術祭では、その成果を複数の教室や温室で展開します。理科室や理科準備室では、標本や実験器具、県北地域の植物などを活用したインスタレーションを、温室では雑草を育て、隣には虫が住める「バグ・ホテル」を設置、県北地域の生態系と関わっていきます。

E-06 イザベル・デジュー(茨城インベントリウム)
旧美和中学校:常陸大宮市高部454